薄毛・抜け毛対策シャンプーはスカルプケア専門店 極匠

 

極匠スカルプシャンプーのご使用方法

手持ちのブラシで、毛先から軽くブラッシングを行います。 頭皮の血行もよくなり、髪のからみもとることができます。
※頭皮は、傷をつけないようにしましょう。

の体温程度の温度(36〜37℃位)で行ってください。 すすぎ時間は、2〜3分が理想です。頭皮は、デリケートですので体温より熱い温度でシャワーをすると頭皮を傷めてしまいます。  シャンプー前のすすぎは、大切です。すすぎをすることで髪の毛の汚れはある程度落ち、シャンプー時に髪と頭皮の汚れや老廃物がより落ちやすくなります。

ず、極匠スカルプシャンプーを手のひらにとり、両手で軽く泡立てた後、なじませながら髪につけます。そして、髪全体が泡立つまでもみ洗いを行います。  爪をたてずに指の腹で頭皮全体を洗っていきます。無理にゴシゴシ洗わずに、軽く泡立てたらお湯ですすぎます。ゴシゴシ洗うと頭皮や髪を傷める原因にもなりますのでご注意ください。
※絶対に爪をたてて洗わないでください。爪で傷められた頭皮は、乾燥して フケや痒みといった頭皮環境を逆に悪化させる原因にもなります。

がなくなる程度まで、かるくすすいでください。

皮の汚れは、なかなか落ちませんので、指の腹を使ってもむように髪の生え際からつむじに向かって小刻みにマッサージをしながら洗います。  これは、血行をよくし、毛穴の汚れを落ちやすくする効果があります。優しく丁寧におこないましょう。  特に、髪の毛が長い方ほど髪を洗うのではなく、頭皮を洗うイメージでおこないます。マッサージのやり方を誤ると髪が指先にからんで髪まで抜ける場合がございます。ご注意ください。 ※絶対に爪を立てて洗わないでください。

こが一番重要です。 すすぐ時は、頭皮に対してシャワーを直角に保ちながら、あてていきます。これで頭皮に残るシャンプー液までしっかりと流すことができます。泡が完全になくなるまで、十分すぎるくらいに洗い流しましょう。理想的には、最低でも3分以上は、シャワーで流したほうがいいでしょう。  ここのすすぎをおろそかにしますと、フケや痒みの原因、頭皮の嫌なにおいの原因になる場合がございます。洗うときしみがでますが、これは余分なものがきれいにとれた証拠です。

使用の方は、別ページの<極匠ヘアトリートメントのご使用方法>と<極匠スカルプエッセンスのご使用方法>をご参照ください。
※極匠スカルプシャンプーは、石鹸ベースでつくったシャンプーです。髪と頭皮の汚れが、しっかり落とせる反面、きしむのは事実です。特に、石鹸系のシャンプーを初めてご使用される方には、今までにない使用感で戸惑うかもしれません。(たいていのお客様は、きしみ感に慣れるまで1〜2週間程度かかりますが、その後は気にならなくなります。)  きしみが慣れない方、髪の毛が長い方は「極匠ヘアトリートメント」とセットでご使用することをおすすめいたします。




ページトップへ